忍者ブログ
このブログは株式会社トミーウォーカーのPBWゲーム『シルバーレイン』のキャラクター「霧崎真司」及び「霧崎修司」のブログです。霧崎兄弟の日々の記録や背後との対話を載せています。 興味のない方、関係ない方はここで戻ることを推奨いたします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

――霧崎神社 1月1日 AM10:00――

真司「うぅ……相変わらず……凄まじい人数だ……」

ぼやくは真司。この間、壮絶な勢いでおみくじを数枚捌き切る。

修司「そう言わないの、兄ちゃん!いつものことじゃないの?」

同じく本殿にて整理を行っていた修司、言葉を交わし数秒にて仕事に戻る。

そう、1月1日は……。

初詣のラッシュ。付近に住まう人々が一気に集まる、神社の人間にとっては修羅場な一日。

真司(だとしてもこの人数…絶対に近隣住民だけじゃないよな……)

霧崎神社は決して大きい神社ではない。ごく普通の住宅街の中にある、小さな神社だ。

だが、この日参拝に訪れた人の数は……

明らかにその許容人数を越えている。と言うか、拝殿に列が出来ている。

これは明らかに異常だ。近隣に住む人々の数を明らかに上回っている。

だが、それは説明が付いた。

真司には答えが頭の中に浮かんでいたからだ。

真司「……父さん、だよなぁ……。明らかに……」

霧崎兄弟の父。すなわち、現霧崎神社宮司。

そう、彼らの父親は凄まじいまでの人徳持ちであり、皆から慕われる存在だった。

修司「その父さん、実は楽してるんだけどね……」

ため息交じりで答える修司。

今頃父は……二人に全てを任せて一人逃げている……。

父いわく、「これも修行のうちだ!」だとか。

勿論これは言い訳であり、本心はこの多数の参拝客に揉まれたくないだけ。

……いいのかそれで?

真司「はぁ……僕らがしっかりしろ、ということかな」

修司「そういうことなのかもね…。母さん居るだけマシだけどさ」

母はしっかりしているらしく、先程から忙しく回っているようだ。

二人はお互いに再びため息をつきつつ、与えられた仕事はしっかりとこなすのだった……。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[05/07 スティノークル]
[01/19 優斗]
[10/26 優斗]
[10/16 優斗]
[10/15 カズマ]
プロフィール
HN:
くうま
性別:
男性
自己紹介:
背後です。
真司くん、修司くんのプロフィールは個別に後ほど。
カウンター
忍者ブログ [PR]